Page 1 of 3123
2017年11月16日

The 2017 Kunifuji Award

・Ryoji Horita (Fuji Xerox Co., Ltd. and Nagoya Institute of Technology, Japan)
This award is nominated and selected based on score of review and quality of presentation in the conference. Innovativeness in knowledge management and creativity science is evaluated in the contents of research.

Best Paper Award

1st author: Ryoji Horita (Fuji Xerox Co., Ltd. and Nagoya Institute of Technology, Japan)
– Paper: Ryoji Horita, Minoru Mitsui, Takayuki Ito, Shun Shiramatsu, Akihisa Sengoku, Katsuhide Fujita and Naoki Fukuta, A Design of Research Group Workshop to Generate Co-Creation Between Researchers and Citizens
This award is selected the paper which is at the highest score of review in full paper group.

Best Student Paper Award

・Tatsuya Toyama (Nagoya Institute of Technology, Japan)
– Paper: Tatsuya Toyama, Ahmed Moustafa and Takayuki Ito, On Measuring the Opposition Level Amongst Intelligent Agents in Multi-issue Closed Negotiation Scenarios
This award is selected the paper which is the highest score of review in full student paper group.

Outstanding Paper Award

・Xun Tang (Nagoya Institute of Technology, Japan)
– Paper: Xun Tang,Takayuki Ito, Ahmed Moustafa, An Ordering Mechanism for Automated Negotiation Among Nonlinear Utility Agents
This award is selected the paper which is at the 2nd place of the review score.

関連サイト


2017年11月14日
以下のスケジュールで研究室紹介を行います。
伊藤孝行研究室では,新卒研生向けに下記の通り研究室説明会を行います。

【場所】4号館7階706室
【日時】12月 1日(金)13:00~15:00
12月 4日(月)15:00~17:00
12月 5日(火)13:00~15:00
12月 6日(水)16:00~18:00
詳細は こちら
2017年11月08日
大塚孝信, 北澤裕司, 伊藤孝行, “持続可能な海産養殖のための海水温予測アルゴリズムの提案” , 情報処理学会論文誌, ネットワークサービスと分散処理(59-2)特集号, 2017【採録決定】
2017年11月01日

深度センサによる人流調査を実施します

■調査の目的と概要

  • 名古屋市と名古屋工業大学の伊藤孝紀研究室・伊藤孝行研究室では、東海旅客鉄道株式会社の協力のもと、主要駅構内において、深度センサを用いた人の流れを計測する実験を行います。この実験は施設への来訪者数や滞留状況の分析を通して、都市計画や交通計画、防災計画に資する情報の収集と、シミュレーションシステム開発への活用に関する研究を目的として実施するものです。
  • 本実証実験は、深度センサが発する赤外線の反射情報を用いて、個人情報を取得せずに来場された方々の流れを計測するものです。この実験結果により、人の流れについてモデル化を行い、シミュレーションシステムを開発します。
  • 調査期間 2017年11月3,5,7,12,14,16日を予定しております。

■観測するデータとその取扱い

  • 深度センサにより収集した情報は、個人が特定できない情報として分析します。光学カメラによる撮影は、一切行いません。(図1)
  • 収集した情報には、みなさまのお顔などの個人情報は一切含まれておらず、記録された情報では個人を特定することはできません。
  • 本調査の目的である人の流れの分析と、シミュレーションシステムの開発に限定して使用します。また収集したデータを分析した結果は、再開発のため名古屋市、東海旅客鉄道株式会社に提供することがあります。取得情報は名古屋工業大学の伊藤孝紀研究室・伊藤孝行研究室以外の第三者に提供することはありません。
  • 取得した情報は統計的に処理し、収集したデータは二次加工後にのみ利用されます。

■観測を避けられたい場合は

  • この調査では、深度センサにより自動的に観測し, 個人を特定できる情報は収集致しません。観測されることを望まれない方は、非観測箇所を限定しておりますので観測箇所を迂回願います。観測箇所を迂回すれば、観測されることはありません。

■お問い合わせ先

  • この調査によりみなさまの個人情報が取得されることはありません。ご質問等ございます場合は、現地の調査員か、下記までお問い合わせください。
【実施者】 構成組織は、下記のホームページをご覧ください
http://ti-di.info/
http://www.itolab.nitech.ac.jp/itolab_hp_2017/
【共同研究者】 NECソリューションイノベータ株式会社
【連絡先】 名古屋工業大学 伊藤孝紀研究室  ℡ 052-735-5329
名古屋市昭和区御器所町  (担当:西田、田淵)

※上記の画像をクリックすることで画像を拡大できます。


2017年10月19日
アメリカ カルフォルニア大学 Kwei-Jay Lin教授による講演を開催します.

演題:Building Safe Smart Environment using the DynaCollect Service-Oriented Things Framework
日時:2017年11月9日(木) 10:30~12:00
場所: 4号館 1階ホール
主催: 情報科学フロンティア研究院

2017年10月17日
平成30年度4月入学 中国からの研究生希望者の皆様へ、

名古屋工業大学 伊藤孝行研究室では、中国からの研究生の希望者を歓迎しております。
平成30年度4月入学を希望する皆様は、以下の書類を電子ファイルにて送付願います。

応募書類(英語と日本語で)
・履歴書
・やりたい研究について(2000字以内)
・今後5年の目標と予定(1000字以内)
・代表的な論文(3編程度)
送付先(これ以外は受け付けません)
rs-apply@itolab.nitech.ac.jp

応募締切 
・2017年11月19日(日)まで

2017年10月08日
イギリス サウサンプトン大学 Long Tran-Thanh講師による講演を開催します.

演題:Optimization in Human-Agent Collectives
日時:2017年10月13日(金) 14:00~15:00
場所: 4号館 1階ホール
主催: 情報科学フロンティア研究院
担当教員: 伊藤 孝行 教授

詳細: 2017年10月13日(金)14:00~15:00 FRIIS講演会「Optimization in Human-Agent Collectives 」 Long Tran-Thanh講師 (イギリス サウサンプトン大学)
2017年09月16日
Susel Fernández and Takayuki Ito, Semantic integration of sensor data with SSN ontology in a multi-agent architecture for Intelligent Transportation Systems, IEICE Transactions, 2017 (accepted).
2017年09月11日
  • Ryoji Horita, Minoru Mitsui, Takayuki Ito, Shun Shiramatsu, Akihisa Sengoku, Katsuhide Fujita and Naoki Fukuta, A Design of Research Group Workshop to Generate Co-Creation Between Researchers and Citizens, The 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS 2017), Nagoya, Japan, Nov 9-11, 2017.
  • Tatsuya Toyama, Ahmed Moustafa and Takayuki Ito, On Measuring the Opposition Level Amongst Intelligent Agents in Multi-issue Closed Negotiation Scenarios, The 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS 2017), Nagoya, Japan, Nov 9-11, 2017.
  • Xun Tang, Ahmed Moustafa and Takayuki Ito, An Ordering Mechanism for Automated Negotiation Among Nonlinear Utility Agents, The 12th International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS 2017), Nagoya, Japan, Nov 9-11, 2017.

2017年09月07日
  • 伊藤孝紀, 深町駿平, 杉山弓香, 西田智裕, 秀島栄三, 伊藤孝行『合意形成支援システムを利用した域学連携手法の有効性』,日本建築学会計画系論文集, 2018.
  • Jawad Ahmad Haqbeen,Takayuki Ito, Mohammad Arifuzzaman, Takanobu Otsuka, “Design of Joint Cooperative Routing, MAC and Physical Layer with QoS-aware Traffic-based Scheduling for Wireless Sensor Networks”, International Journal of Networked and Distributed Computing ISSN (print): 2211-7938/ ISSN (on-line): 2211-7946, Volume 5, Issue 3, pp. 164 – 175, 2017.
  • Jawad Ahmad Haqbeen, Takayuki Ito, Mohammad Arifuzzaman, Takanobu Otsuka, “’Joint Routing, MAC and Physical Layer Protocol for Wireless Sensor Networks”, 2017 IEEE TENCON, IEEE Region Ten Conference, 11/5-8, 2017

Page 1 of 3123
PageTop