ネット上の人々の集合的な知性をハーネスしながら、「少し先の未来」を予測し、社会としての幸福(効用)を維持・増加させ、社会の中枢神経となりえる情報メカニズムの実現を目指しています

特に、マルチエージェントシステム技術に基づいて、インセンティブや会社ルールを適切かつ動的に与えることで個々の行動を、社会的に望ましい方向へと導くような仕組みの実現を目指しています。

近年注目されているスマートシティやスマートグリッドなど、将来の都市設計や電力ネットワークへの応用が期待されています。
伊藤研究室では知能系の中でも次世代社会情報システムに関する研究を主に扱っています。また、扱う研究分野は幅広く、多くの成果をあげています。
研究内容

大規模コラボレーション

自動交渉エージェント

交渉ゲーム

駐車場シミュレーション

次世代交通シミュレータ PDF

電力マネジメント

河川管理プロジェクト

排水作業通信システム PDF

無人航空機(ドローン)

主な受賞
  • 第79回情報処理学会全国大会, 学生奨励賞, 2016
  • 情報処理学会 第78回全国大会優秀賞, 2016
  • International Conference on Crowd Science and Engineering 2016, Best Paper Award, 2016
  • ICTビジネスモデル発見&発表会東海大会, 総務省東海総合通信局賞, 2016
  • 第12回ITSシンポジウム,優秀論文賞受賞, 2014
  • JAWS2014 発表賞
  • IEEE Computer Society Japan Chapter JAWS Young Researcher Award 受賞, 2014
  • 電子情報通信学会東海支部学生研究奨励賞を受賞, 2014
  • 情報処理学会東海支部学生奨励賞,2014
  • キャンパスベンチャーグランプリ中部 努力賞 受賞, 2014
  • 電気学会優秀論文発表賞B賞 受賞, 2014
  • 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012), FIT奨励賞
  • IJCAI SSMCS Workshop, The Best Student Paper Award, 2012
  • 名古屋工業大学コミュニティ創世教育研究センター, コミュニティ高額アウォード2012 B部門奨励賞(2件)
  • 名古屋市新事業支援センター, 平成24年度大学発ベンチャーグランプリ奨励賞
  • 平成24年度電気関係学会東海支部連合大会, IEEE名古屋支部学生奨励賞
  • JAW'S2012(Joint Agent Workshop&Symposium 2012)企業賞
  • 情報処理学会第74回全国大会, 大会奨励賞, 2012
  • 2011年度人工知能学会研究会, 優秀賞
  • 第74回情報処理学会全国大会, 学生奨励賞(5件)
  • JSAI SIG Research Award 2010 人工知能学会研究会, 優秀賞
  • 第9回キャンパスベンチャーグランプリ, 中部特別賞中部産業人クラブ会長賞
  • 情報処理学会推奨修士論文認定, 2011年ベスト学生発表賞, InternationalWorkshoponAgent-based
  • ComplexAutomatedNegotiations(ACAN2011), 2011
  • 第73回情報処理学会全国大会学生奨励賞, 2010
  • ベストポスター賞, エージェント合同ワークショップ2010(JAWS2010), 2010
  • 人工知能学会全国大会, 優秀賞, 2010
  • 情報処理学会推奨修士論文認定, 2010
  • 主な受賞

    研究室のある4号館です。
    とてもきれいな環境の中で研究を進めることができます。

    研究室は4号間7階のエレベーターを降りて右手にあります。706室が伊藤先生居室、702号室が博士部屋、708号室が秘書・修士学生部屋、705室が学部生・留学生部屋、701室がゼミ室、712室が外部講師居室です。

    学生は素晴らしい環境の下、研究を行うことができます。
    イベント
    2-3月 新人研修

    先生・先輩から研究に必要な技術や知識の説明が行われます。

    4月 お花見

    鶴舞公園で他の研究室と合同でお花見をします。
    先生と生徒との交流を深めています。

    8月 夏合宿

    研究室のメンバー全員で個々の研究について議論します。
    他研究室の先生や生徒からも意見をもらい、今後の研究に活かします。

    12月 卒論打ち上げ、忘年会

    伊藤研究室では12月が卒論の締切です。
    卒業する学生たちは研究の総まとめを行います。
    忘年会で提出のお祝いを行います。

    2月 卒論発表

    卒論発表では今までの研究内容を教授たちに向けて発表します。
    ここで卒業できるかが判断されます。

    2月 冬合宿

    卒論発表が終われば研究の疲れを癒しに冬合宿に行きます。
    冬合宿では長野や北海道に行き、スキーやスノボーを楽しみます。

    3月 卒業式、謝恩会

    卒業おめでとうございます!

    PageTop